【レポート】9月の「くしま朝市よかむん市」に行ってきた


毎月第3日曜日に開催されている「くしま朝市よかむん市」。
コロナ禍で今年はまだ3回しか開催できていない同イベントが、9月20日に行われました!
毎年9月の朝市は、伊勢海老まつりと同時開催されるので、本来なら串間漁業協同組合荷さばき所で行われます。
しかし今回は通常開となったため、串間商工会議所駐車場での開催でした。

コロナ対策もしっかりされていました

久しぶりのイベントとあって、オープンの7時にはたくさんの人が!
私はその日、宮崎市から出発して8時に到着したのですが、もう食べ物もほとんど販売終了しており、人も帰り始めていました。

久しぶりのイベントに出店者は疲れもあったようですが、いつも実演販売をされているマルケイ川畑蒲鉾店の川畑さんは、8時過ぎには揚げ油の片付けも終わり、安堵の表情をしておりました。

安堵の表情のマルケイ川畑蒲鉾店

ワークショップ「オリジナルフォトフレームを作っておじいちゃんおばあちゃんにプレゼントをあげよう」に参加している親子もまだたくさんいて、イベントブースは9時近くまで賑わっていました。

商工観光スポーツランド推進課の百野さんは「密にならないように対策をしました。思ったよりたくさんの人が来てくれたのは良かったです。活気が戻ってきてくれるといいですね」と話していました。

商工観光スポーツランド推進課の百野さん

「早起きは三文の徳」というように、早く起きて活動すると1日がとても充実します。
串間市の朝市が再び活気を取り戻せば、きっと串間全体にも活気が戻ってくるに違いないと感じた、久しぶりの朝市でした。

関連記事

クシルSNS



ページ上部へ戻る
PAGE TOP