串間市が公営塾「樹スクール」を開講


福島高校(串間市大字西方4015、TEL 0987-72-0049)で6月4日、公営塾の開講式とオリエンテーションがおこなわれました。
公営塾は「樹スクール」という名称で串間市教育委員会が運営します。
生徒の受講料は無料(教材費は別途4000円)、英語に特化した学習指導で、英検や進学・就職に活かしてほしいと設置されました。

受講生は福島高校の1〜3年生で、2・3年生は年間30回(1年生は9月から10回)、19時半〜21時に週3回開講されます。
開講式には2年生7名と3年生27名、関係者らが参加。吉松俊彦教育長は「主役の君たちが、いきいきと輝く姿を串間の人たちに知ってもらいたい」と話しました。

また、講師は次のように話していました。
塾長の河野通博さん:「生徒がもがき苦しんで、英語を習得していく姿が見たい。英語が使えるかもと想うようになって、外国で話してみたいと思えるようになって欲しい」
講師の日髙由祈(ゆき)さん:「ハワイに住んでいて英語は簡単だと思った経験から、英語の覚え方を伝えていきたい」


この事業は、市教委が昨年度より実施している、福島高校支援事業「きらり!福高ロード アドバンスプロジェクト」の一貫として実施されます。
昨年度は、生徒の自己表現や福島高校の魅力づくりに向けて、ワールドピースゲームや台湾研修などがおこなわれました。
今年度は当スクールを4月から実施の予定でしたが、新型ウイルスの影響で6月開講になりました。

関連記事

クシルSNS




企画運営

TATEGAMI合同会社
宮崎県串間市西方5507-3
TEL:070-7640-6867
info@ta-tegami.jp
https://ta-tegami.jp

ページ上部へ戻る
PAGE TOP