【レポート】東京2020オリンピック聖火リレー串間編

4月25日、高千穂神社から出発した聖火ランナーは宮崎県庁でゴール。翌日26日、こどものくにを出発、青島〜飫肥城を通過し、串間市に入ってきました。
串間市は、串間市総合運動公園がスタート。
12:20からの福島高校胡桃太鼓部の演奏で、ミニセレブレーションが開始されました。

宮崎県東京2020オリンピック聖火リレー実行委員会代表の島田俊光市長の挨拶のあと、聖火ランナーの入場。

串間市の濱田ヤスヨさんが第1走者です!
「走れることに感謝します!」と挨拶をしたあと、島田市長からトーチに点火されました。

一緒に伴走するサポートランナーは福島高、串間中、串間市内の小学生20名。みんなで記念撮影したあと、いよいよ出発!

 

沿道にはたくさんの応援が旗を振っていました。多くの市民に感動を与えてくれた聖火リレーでした!

関連記事

クシルSNS




企画運営

TATEGAMI合同会社
宮崎県串間市西方5507-3
TEL:070-7640-6867
info@ta-tegami.jp
https://ta-tegami.jp

ページ上部へ戻る
PAGE TOP