【レポート】本城の海に沈む夕日を見に行ってみた


「宮崎県で唯一、串間市本城の海は沈む夕日を見ることができる…」

そういう話はよく耳にしていましたが、なぜ太平洋に面している宮崎県で、沈む夕日を見ることができるのか、とても不思議でした。
一体、どういうこと?という疑問と、
串間市のことを市外の人に紹介するとき、自分が見たことのないものの紹介はできないよな…
そういう理由で、一路本城干潟へ!!

とは言ったものの、本城干潟に行ったことがないのでGoogle MAP頼み。
ナビの通りに進むと、ここにたどり着きました。

細い路地をおりていくと、波の音と潮風が。本城干潟を一望できる場所にやってきたようでした。

時刻は17時。
あたりは薄暗くなり始めています。
一里崎浜に続いている砂浜には静かな波が打ち寄せていて、ときおり岩に当たった波が小さなしぶきを上げて、うたかたをつくっていました。

すでに太陽が赤く色づいていました。

そしてその太陽は、海に沈もうとしています。

太陽が水平線に近づくにつれ、その輪郭がくっきりと見えるようになってきました。
肉眼で見ても、眩しくありません。

秒単位で太陽が動いているのがわかるようになると、息をすることも忘れ、ただ太陽を眺めていることしかできませんでした。
そのとき無意識に「おつかれさま」と、言葉にしている自分がいました。

沈みきっても、余韻を残すようにまだ辺りは明るいのです。
帰る準備をしようと振り返ると…

またそこにも、素晴らしい風景が広がっていました。
風がない今日は風車は止まったままで、丸くなりきれていない月がちょっと寂しそうでした。
そんな完全ではない姿も、この季節に趣深いなあ…と黄昏れてみるのでした。

そして肝心な「海に夕日が沈む理由」は…

志布志湾に沈んでいく太陽を見ている、ということでした!
宮崎県最南端だから体験できることだったのですね!

よしだ なほライター

投稿者プロフィール

1980年生まれ、宮崎県宮崎市出身、AB型。
特技はバレーボール。趣味は筋トレ、旅行。
2018年に串間市に移住し、その自然やポテンシャルに惚れ込む。
企画制作はるうた商店代表。九州地域間連携推進機構(株)クリエイティブディレクター。串間市創造推進協議会会長。串間市バレーボール協会広報部長。宮崎県バレーボール協会常任理事。九州バレーボール連盟広報委員長。みやざきスタートアップハブOB。前職は、タウンみやざきや月刊パームスの編集者、精神科ケースワーカーなど。

この著者の最新の記事

関連記事

クシルSNS



【11月】日曜給油店

11/1-津曲北方店・井手都井店
11/8-片平本町店・三協西小路店・井手都井店
11/15-井上仲町店・井手都井店
11/22-坂元串間店・井手都井店
11/29-井手産商串間店・井手都井店
ページ上部へ戻る